メガネびと

meganebito

 

マーガレット・ハウエル吉祥寺店
副店長:川上恵子さん / スタッフ:田本佳菜さん / 店長:鈴木範子さん
(向かって左から)

 

HP | https://www.margarethowell.jp

 

 

中道通りの奥、西公園の隣、まさにパークサイドに位置するマーガレット・ハウエル吉祥寺店。約4年前、「中道通りにマーガレット・ハウエルの路面店ができる」と吉祥寺中がざわざわしはじめたのを覚えています。偉大なブランドの路面店が吉祥寺にできることへの喜びと緊張感が吉祥寺中を駆け巡りました。できてみてわかったことはお客様とのコミュニケーションや町との繋がりも大切にする素敵なお店だということ。そんな素敵なお店を支える3人のスタッフさんが今回ご紹介する吉祥寺のメガネびとです。クラシックなスタイルのLunorや鯖江の伝統を守るMASUNAGA、突き詰めたものづくりと高いデザイン性を持ち合わせるEYEVAN7285など、こだわりの強いブランドのメガネを自分たちのスタイルに馴染ませて掛けてくれているのが印象的です。これからも格好良いスタイリングと素敵な笑顔に、メガネをさらっと合わせて、吉祥寺から洗練されたスタイルを発信していっていただければと思います。

P10_meganebito_3_2

 

TACOS Shop – 近藤 輝太郎さん

 

Instagram | tacosshopk

 
 

昨年暮れに吉祥寺ハモニカ横丁にオープンしたTACOS Shopの店主テルさん。学生時代から吉祥寺に縁があり、ハモニカ横丁にいることも多かったそうです。ですが、吉祥寺にお店を出すことを熱望していたわけではなく、たまたま吉祥寺の知り合いから声が掛かったことが、TACOS Shopが吉祥寺にできるきっかけになっているのだとか。テルさん曰く、「ある意味離れたくても離れられないのが吉祥寺」のようですが、今も吉祥寺を飛び出すため、新しいお店を作ろうと企んでいるとのこと。(笑)テルさんの作るタコスはとても美味しくて、秘密基地のような雰囲気や、使っているカトラリーやお皿などのセレクトもセンス抜群。また吉祥寺の人から声が掛かかり、吉祥寺に2号店ができないかと、僕らtprチームは少し期待しています。

P10_meganebito_1_1

 

NORI – 大泉 久紀さん

 

HP | https://www.norisalon.in
Instagram | nori_salon

 

 

東京都心での美容師経験を経て独立。満を持してオープンしたのが『NORI』。「たまたま吉祥寺を散策していたら同ビルの昭和風の外観、階段を昇って行った先に開かれた日光の入る広々とした空間に一目惚れしました。」と大泉さん。その後直感的にすぐ契約を交わしたそうです。自身の眼鏡選びに関して伺っても、「ブランドにこだわらず”感性”と”直感”を優先にセレクト」されているようで、取材当日に掛けていたNative Sonsも即決でご購入いただいたのが印象的で思い出に残っています。ただのあて感ではなく、これまでの経験を元に回答までの道のりを短く導き出せるのが「大人」でしょうか。大泉さんからはそんな事を学ばせてもらっています。確かにここは空間に無駄なものがなくシンプルで感覚的。自然光も良く入り、とても気持ちの良い場所でした。

P10_meganebito_2_1

 

ギャラリーfêve & ダンディゾン - 引田さんご夫妻 ターセン カーリン

 

<ギャラリーfêve>
HP |  http://www.hikita-feve.com
<ダンディゾン>
HP | http://www.dans10ans.net

 

 

吉祥寺のダンディゾンとギャラリーfêveのオーナーである引田さんご夫妻。お二人の言う「どこにもない幸せなパン屋」ダンディゾンを目的に、日頃からたくさんの人が吉祥寺を訪れます。今後の展望をお二人に伺うと、「ダンディゾンがオープンして15年が経ち、魅力的なパン屋を作ることができたから、今後はさらに吉祥寺を盛り上げて、若い人を応援したい」と力強いお言葉。ギャラリーfêveでも頻繁に多様なイベントが開催されており、魅力溢れる作り手とお客様が関わり合う大切な場所になっています。これからも吉祥寺の中心、そしてカルチャーと人を繋いでいってくれると強く確信しました。

P10_meganebito_4_1

 

Ryumon coffee stand – 小泉 直樹さん

 

HP | http://ryumoncoffeestand.jp
Instagram | ryumoncoffestand

 

 

末広通りを真っ直ぐ直進すると左側に現れる【Ryumon coffee stand】。コーヒーに向き合っている時の真剣な眼差しと、コーヒーを差し出す時の笑顔のギャップが印象的な店主の小泉さん。撮影中には、近所の方から「あれ、今日やってるの?」と声が掛かったり、住宅の多い南町ならではの雰囲気に溶け込んでいる様子が伺えます。これも小泉さんの物腰柔らかい人柄があってこそ。<ジュリアス・タート・オプティカル>のフレッシュピンクの眼鏡も小泉さんの雰囲気にばっちり馴染んでいます。’’その人らしさ’’を感じる眼鏡選びにtprチームも気持ちが高ぶりました。