MASAHIROMARUYAMA

SP_logo

【The Spectacle / ザ・スペクタクル 】より価格改定のお知らせです。

 

*2022年7月15日より

 

この度【The Spectacle / ザ・スペクタクル 】の商品につきまして価格改定が行われることとなりました。今後の販売価格につきましては、時価となり、美しさや希少性に伴い変動いたします。お客様には、大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

また、2022年7月14日まではこれまで通りの価格でのご提案となりますので、商品のご購入をお考えのお客様はぜひご検討ください。

WEBページやSNS等の金額欄には、〈¥ASK〉または〈¥0-〉と記載させていただきます。商品の金額に関しましては、The PARKSIDE ROOM(吉祥寺)までお問い合わせください。(TEL:0422-41-8978)

 

以前にお知らせした【The Spectacle】関連のBLOGや外部メディアでの情報では〈旧価格〉での記載となっている場合がございます。何卒ご了承ください。

 

sp_1
 

 

〈The Spectacle〉のブランドページはこちら

 

 

 

The PARKSIDE ROOM SS ‘22

 

 

COLORFUL

 

DM_color

MYKITA mod.PAULSON SG col.701 ¥70,400
Glapes & Celadon mod.GC005 col.04 ¥36,300
EYEVAN7285 mod.776 SG col.706 ¥53,900
Haffmans & Neumeister mod.Casper col.507 ¥70,840

 

tprが今期提案するキーワードは“COLORFUL”。品良く掛けこなしてもらいたい彩り豊かなアイウェアをニュートラルな視点で厳選。〈グレープス・アンド・セラドン〉は、色彩豊かな作品が有名なイギリスの画家デイヴィッド・ホックニーをイメージしたアイウェアを発表。〈アイヴァン7285〉の旧作からピックアップしたトマトをイメージした瑞々しい赤が一際目を引くサングラス、〈マイキータ〉〈ハフマンス・アンド・ノイマイスター〉のコンビネーションフレームは、ニュアンスのある色選びが抜群です。トマトの赤とパプリカの赤が違うように、色にはニュアンスの違いがあり、その違いを感じ、取り入れることはアイウェア選びにおいても楽しみのひとつ。部屋にお花を飾るように、アイウェアを通して日常に彩りを加えることを、ぜひお楽しみください。

 

 

 

SS ‘22 Recommend Models

 

220407_78569_R1a

MYKITA
Mod.TOBI col.13 ¥57,200

 

 

 

220407_78615_R1

GERNOT LINDNER
Mod.GL601pad col.39×SN ¥ASK
mod.GL608pad col.38×GP ¥ASK

 

 

 

“EVENT”

 

①MASAHIROMARUYAMA 2022 SPRING & SUMMER SELECTION
2022.4.29 Fri – 5.8 Sun

MM_1

mod.MM0070 col.1 ¥55,000
mod.MM0071 col.3 ¥55,000
mod.MM0064 SG col.1 ¥55,000
mod.MM0052 col.3 ¥55,000
mod.MM0043 col.3 ¥55,000

 

2022年4月29日(金)〜5月8日(日)までの期間【MASAHIROMARUYAMA FAIR 2022 SPRING & SUMMER SELECTION】を開催いたします。本フェアでは、コレクションテーマ“Collage(コラージュ)”の新作2型をはじめ、同ブランドが過去に発表した名作の数々が一堂に並びます。The PARKSIDE ROOMでは、初となる〈マサヒロマルヤマ〉にフォーカスした本企画。春の井の頭公園の心地良い空気を感じると同時に、ぜひThe PARKSIED ROOM(吉祥寺)に遊びにいらしてください。

 

 

 

②Lunor FAIR 2022 SPRING & SUMMER
2022.5.27 Fri -5.30 Mon

 

DM_Lufair

Lunor
A12 mod.507 col.62 ¥ask
M5 mod.04 col.Sws ¥ask

 

ザ・パークサイドルーム(吉祥寺)では、5月27日(金)〜5月30日(月)までの4日間、ドイツブランド〈Lunor / ルノア〉にフォーカスした【Lunor Fair 2022】を開催いたします。今シーズンは、2シリーズよりニューシャイプ&カラーが発表。Vの後継として昨年発表されたM5には待望のマッドブラック、A12には、ホーン柄のニューカラーが加わりました。フェア期間中は、新旧300本以上のプロダクトが一堂に並び、オーダーいただける大変貴重な機会となります。ぜひご期待ください。

 

 

 

 

 

The PARKSIDE ROOM(ザ・パークサイド・ルーム)

 

◾︎Address|東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1 バイオスフィア2F

 

◾︎Open|12:00-20:00

 

◾︎Closed|水曜日、*年末年始

 

◾︎Tel/Fax|0422-41-8978

 

◾︎Mail|info@tpr.jp

 

◾︎Instagram Page|https://www.instagram.com/theparksideroom/

 

◾︎Facebook Page|www.facebook.com/theparksideroom

 

 

 

 

 

MASAHIROMARUYAMA 2022 SPRING & SUMMER SELECTION

2022.4.29 Fri – 5.8 Sun

 

 

MM_1

mod.MM0070 col.1 ¥55,000(in tax)
mod.MM0071 col.3 ¥55,000(in tax)
mod.MM0064 SG col.1 ¥55,000(in tax)
mod.MM0052 col.3 ¥55,000(in tax)
mod.MM0043 col.3 ¥55,000(in tax)

 

 

Photo by Kengo Shimizu

 

 

 

The PARKSIDE ROOM(吉祥寺)では、2022年4月29日(金)〜5月8日(日)までの期間【MASAHIROMARUYAMA FAIR 2022 SPRING & SUMMER SELECTION】を開催いたします。本フェアでは、コレクションテーマ“Collage(コラージュ)”の新作2型をはじめ、同ブランドが過去に発表した名作の数々が一堂に並びます。The PARKSIDE ROOMでは、初となる〈マサヒロマルヤマ〉にフォーカスした本企画。春の井の頭公園の心地良い空気を感じると同時に、ぜひThe PARKSIED ROOM(吉祥寺)に遊びにいらしてください。

 

 

 

MM_21

今シーズンのテーマは、2ndコレクションのテーマにもなっている“Collage(コラージュ)”。プラスチックとメタルという異なる素材を、これまでの常識から離れ自由に組み合わせることで新たな視覚効果をもたらしています。フロントパーツは左側のみメタルの枠が設けられており、左右で構造自体がまるで違う作りになっています。この為フロント右側のみにカシメ鋲が用いられており、アシンメトリーなデザインが強調されたコレクションとなりました。

 

 

 

“New Models”

 

MM-10

 

MM0070
col.1(Black / Gold) ¥55,000(in tax)
col.2(Clear light brown / Gold) ¥55,000(in tax)
col.3(Clear gray / Gold) ¥55,000(in tax)

 

 

 

MM-11

 

MM0071
col.1(Black / Gold) ¥55,000(in tax)
col.2(Clear light brown / Gold) ¥55,000(in tax)
col.3(Clear gray / Gold) ¥55,000(in tax)

 

3月の展示会で発表されたばかりの新作2型。ボストン型の〈MM0070〉とウェリントン型の〈MM0071〉。昨シーズンのコレクションに続いて、今シーズンも少し小ぶりなサイズ感でのリリースとなりました。本フェアでは、これらの新作も一般入荷に先駆けて、全カラーご用意しご覧いただけます。

 

 

 

“Archive Models”

 

MM_23

上から
mod.MM0067 SG col.3 ¥49,600(in tax)
mod.MM0064 col.3 ¥55,000(in tax)
mod.MM0044 SG col.1 ¥84,700(in tax)
mod.MM0026 col.7 ¥41,800(in tax)
mod.MM0013 col.1 ¥49,500(in tax)

 

 

 

MM_gif_2-1

本フェアでは、2021AWとして発表された“sculpt” Collection、2020AWとして発表された“MONOCLE” Collectionを中心に、同ブランドが過去から現在までにリリースした数々の名作も一同に並びご覧いただけます。コレクションによってテーマを設けたコンセプチュアルなデザインは、ブランド設立より10年以上経過した今でも色褪せることなく楽しめるラインナップとなっています。

ぜひ、この機会にThe PARKSIDE ROOMにご来店ください。

 

 

 

MASAHIROMARUYAMA 2022 SPRING & SUMMER SELECTION

2022.4.29 Fri – 5.8 Sun

※ゴールデンウィーク期間中5月4日(水)は祝日のため営業いたします

 

 

 

■Continuer Inc.各店における感染予防対策
・出勤前のスタッフの検温、その他体調チェック
・店頭スタッフのマスク着用とこまめな手洗い、うがい、消毒
・手指消毒用アルコールの設置
・店頭商品の可能な限りの消毒
・商品フィッティングスタッフの実施前の手指消毒・フェイスシールド着用
・商品陳列スタッフの手袋着用
・測定スタッフのフェイスシールド着用
・店舗ドアノブ、什器、設備等の定期的な消毒
・陳列商品数の制限
上記項目を中心に徹底し運営させていただきます。

 

 

■入店人数の制限
店舗の入店状況によっては、入店いただくお客様の人数を制限させていただく場合がございます。ご来店のお客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

 

■FP制(優先ご案内制度)について
The PARKSIDE ROOM(吉祥寺)では、お客様の利便性向上のため、優先的にご案内させていただくことを目的としたFP制(ファースト・プライオリティ制)を設けております。FP制にて、来店日時のご予約をいただき、事前にご要望を伺うことでスムーズにご案内させていただく事が可能です。ご来店を予定されているお客様はぜひご利用ください。

 

・予約専用サイト(外部サイト)
The PARKSIDE ROOM(吉祥寺):https://reserva.be/theparksideroom
※専用サイトでのご予約は、ご希望日前日までとさせていただいております。当日のご予約は直接お電話にてご確認ください。

 

 

 

SP_logo

ヴィンテージアイウェアを提案するブランド【The Spectacle / ザ・スペクタクル 】より価格改定のお知らせです。

 

*2022年2月1日より

 

この度【The Spectacle / ザ・スペクタクル 】の商品につきまして価格改定が行われることとなりました。今後の販売価格につきましては、時価となり、美しさや希少性に伴い変動いたします。お客様には、大変ご不便をお掛けいたしますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いいたします。

 

また、2022年1月31日まではこれまで通りの価格でのご提案となりますので、商品のご購入をお考えのお客様はぜひご検討ください。

WEBページやSNS等の金額欄には、〈¥ASK〉または〈¥0-〉と記載させていただきます。商品の金額に関しましては、The PARKSIDE ROOM(吉祥寺)までお問い合わせください。(TEL:0422-41-8978)

 

以前にお知らせした【The Spectacle】関連のBLOGや外部メディアでの情報では〈旧価格〉での記載となっている場合がございます。何卒ご了承ください。

 

sp_1
 

 

〈The Spectacle〉のブランドページはこちら

 

 

 

09140069_aaa

Photo by Hirotsugu Hoshikawa

【Blackish】をテーマに黒の質感を追求したエクスクルーシブモデル第二弾。
2021.9.17(金)発売

 

 

アート性のあるデザインと日常での実用性をうまくミックスしたアイウェアを発表しているのが【MASAHIROMARUYAMA|マサヒロマルヤマ】。近年ではヨーロッパでも賞を獲得したりと国内外で年々評価を高め続けているドメスティックブランドのひとつです。

 

2020年12月、同ブランドとコンティニュエのカプセルコレクションとして、「黒だけど上品な質感を持った黒」をテーマに製作したMASAHIROMARUYAMA for Continuer【Blackish】。本モデルはその第二弾として、同ブランドの”CUT”シリーズ「MM0011」を採用した「ブラキッシュ」となります。

 

“Blackish=黒っぽい”を象徴するように、多様性に富んだ様々な黒が一つのアイウェアの中で奥深く表現されているのが本モデル。今回はその表情豊かなデザインを一層楽しんで頂く為、オプティカル仕様と共にブルーレンズを合わせたサングラス仕様も展開します。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_b

 

MM0011_Blackish_topic_b

Mod.MM0011 ”Blackish” Col.DarkGray-M.Black ¥49,500(in tax)

 

紙をハサミでカットするイメージをフレームに再現したコレクションが、今回ベースとなった人気シリーズ「CUT」。その中でもウェリントンシェイプ「MM0011 」をベースに製作された今回の”Blackish”は、一見すると黒の単色に見えるカラーリングですが、黒の印象の中でもソリッドさを抑えたメタル素材の<マットブラック>と、インナーセルパーツのフロント部分には黒に限りなく近い<ダークグレー>を採用し、黒の階調が表現されています。

 

またデザイナー丸山氏のハンドライティングで描かれた左右非対称の造形がさり気なく散りばめられた本モデルは、その単調ではないカラーリングと相まって、より立体感を感じられるバランスに。さらに、フロントシェイプに膨らみを持たせたラインによって、シャープな印象を持つウェリントン型に柔らかな印象も加え、シャープさと温かみ、そして心地よい違和感が共存するアイウェアに仕上がっています。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_e

 

ディティールも見るべくポイントが多数。フロントL側の智元付近の一部を切り取った空白がアクセントを生み、その抑揚によって各パーツの多様な黒が引き立っています。また、裏側のアセテート素材にはフロントとは異なるマーブル柄のブラックを採用。眼鏡を外した時、斜めから見られた時、ふとした瞬間に垣間見えるマーブル柄がプロダクトの完成度を高めています。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_d_3

Mod.MM0011 ”Blackish” SUN Col.DarkGray-M.Black / Light Blue ¥57,200yen (In tax)

 

サングラス仕様の本モデルには目線が透ける程度の淡いブルーをあわせることで、モードになりすぎず、都会的なムードが感じられるサングラスとして提案しています。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_c

 

“Blackish”シリーズは基本的には無彩色のパーツ群で構成されていますが、その印象は決して無機質ではなく、様々な黒の重なりやブランド特有のハンドラインによる造形がとても有機的な魅力にも溢れています。

 

微細な濃淡や柄によって黒という一色の中に奥行きや表情を追求し、またその組み合わせによって様々な面様を見せてくれる、【MASAHIROMARUYAMA for Continuer “Blackish”】。プロダクトとしての質感はもとより、実際に顔に乗せた時のアイウェアと表情の邂逅をぜひ楽しんでいただければと思います。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_f

 

MASAHIROMARUYAMA for Continuer “Blackish”|MM0011 / MM0011 SUN
2021.9.17(金)発売

 

 

 

MASAHIROMARUYAMAのプロダクトページは〈こちら