09140069_aaa

Photo by Hirotsugu Hoshikawa

【Blackish】をテーマに黒の質感を追求したエクスクルーシブモデル第二弾。
2021.9.17(金)発売

 

 

アート性のあるデザインと日常での実用性をうまくミックスしたアイウェアを発表しているのが【MASAHIROMARUYAMA|マサヒロマルヤマ】。近年ではヨーロッパでも賞を獲得したりと国内外で年々評価を高め続けているドメスティックブランドのひとつです。

 

2020年12月、同ブランドとコンティニュエのカプセルコレクションとして、「黒だけど上品な質感を持った黒」をテーマに製作したMASAHIROMARUYAMA for Continuer【Blackish】。本モデルはその第二弾として、同ブランドの”CUT”シリーズ「MM0011」を採用した「ブラキッシュ」となります。

 

“Blackish=黒っぽい”を象徴するように、多様性に富んだ様々な黒が一つのアイウェアの中で奥深く表現されているのが本モデル。今回はその表情豊かなデザインを一層楽しんで頂く為、オプティカル仕様と共にブルーレンズを合わせたサングラス仕様も展開します。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_b

 

MM0011_Blackish_topic_b

Mod.MM0011 ”Blackish” Col.DarkGray-M.Black ¥49,500(in tax)

 

紙をハサミでカットするイメージをフレームに再現したコレクションが、今回ベースとなった人気シリーズ「CUT」。その中でもウェリントンシェイプ「MM0011 」をベースに製作された今回の”Blackish”は、一見すると黒の単色に見えるカラーリングですが、黒の印象の中でもソリッドさを抑えたメタル素材の<マットブラック>と、インナーセルパーツのフロント部分には黒に限りなく近い<ダークグレー>を採用し、黒の階調が表現されています。

 

またデザイナー丸山氏のハンドライティングで描かれた左右非対称の造形がさり気なく散りばめられた本モデルは、その単調ではないカラーリングと相まって、より立体感を感じられるバランスに。さらに、フロントシェイプに膨らみを持たせたラインによって、シャープな印象を持つウェリントン型に柔らかな印象も加え、シャープさと温かみ、そして心地よい違和感が共存するアイウェアに仕上がっています。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_e

 

ディティールも見るべくポイントが多数。フロントL側の智元付近の一部を切り取った空白がアクセントを生み、その抑揚によって各パーツの多様な黒が引き立っています。また、裏側のアセテート素材にはフロントとは異なるマーブル柄のブラックを採用。眼鏡を外した時、斜めから見られた時、ふとした瞬間に垣間見えるマーブル柄がプロダクトの完成度を高めています。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_d_3

Mod.MM0011 ”Blackish” SUN Col.DarkGray-M.Black / Light Blue ¥57,200yen (In tax)

 

サングラス仕様の本モデルには目線が透ける程度の淡いブルーをあわせることで、モードになりすぎず、都会的なムードが感じられるサングラスとして提案しています。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_c

 

“Blackish”シリーズは基本的には無彩色のパーツ群で構成されていますが、その印象は決して無機質ではなく、様々な黒の重なりやブランド特有のハンドラインによる造形がとても有機的な魅力にも溢れています。

 

微細な濃淡や柄によって黒という一色の中に奥行きや表情を追求し、またその組み合わせによって様々な面様を見せてくれる、【MASAHIROMARUYAMA for Continuer “Blackish”】。プロダクトとしての質感はもとより、実際に顔に乗せた時のアイウェアと表情の邂逅をぜひ楽しんでいただければと思います。

 

 

 

MM0011_Blackish_topic_f

 

MASAHIROMARUYAMA for Continuer “Blackish”|MM0011 / MM0011 SUN
2021.9.17(金)発売

 

 

 

MASAHIROMARUYAMAのプロダクトページは〈こちら

 

 

 

2021.9.10(金)発売

 

20210908_AY_1500_Top-1

 

アイウェアのドメスティックブランドayameより2021春夏に発表されたメタルフレーム『GGG』。この度、Continuer定番の別注色である「BZ」ブロンズカラーが発売となります。

 

 

【GGG】
ここ数年来続いているアイウェアの潮流であるクラシックなムードは引き継ぎつつ、ラウンドやボストンと呼ばれる所謂丸メガネの系譜とは違ったスクエアタイプのメタルフレームです。

 

ベーシックな型ですが、一口にスクエアタイプ(長方形型)といっても、正方形に近いものから、横長のもの、吊り上がっていたり、台形型になっていたりと種類が豊富にあり、このシェイプの少しの違いで雰囲気が全く違って見えます。

 

GGGは正方形(1:1)と長方形型(白銀比1:1.414)の間のような絶妙なフォルムと、四隅を丸くし、四辺を膨らますことで、スクエアタイプ特有のシャープな印象はそのままに柔らかな雰囲気も醸し出しています。また、逆台形型のレンズは下に向かって程よくシェイプされayameらしい凛とした表情となっているのが特徴です。

 

 

 

20210905_AY_2

ayame for Continuer
Mod.GGG
Col.BZ (Bronze)
¥44,000(in tax)

 

 

20210905_AY2-1

ディテールに目を向けると、ノーズパットと一体型となったマンレイ山と呼ばれるブリッジ部が、他のメタルフレームでは見られないオリジナリティある仕様となっています。彫金やプラパーツなどの装飾は抑えられ、ミニマルな造形はニュートラルで上品な仕上がり。

 

 

20210905_AY3-1

別注のブロンズカラーは落ち着いた色ですが、鈍い光沢があるため、程良い艶感で肌に馴染みやすいカラーです。通常カラーであるイエローゴールド・ホワイトゴールド・チタン(シルバー色)の3色(下記写真)はブロンズとはまた違う魅力のあるカラーとなっていますので、是非店頭にて比べてみてください。

 

普遍的なデザインの中に微かな違いを織り交ぜることで、新しく現代的なアイウェアとして愛用できるモデルとなっています。

 

 

20210908_AY_ALL

 

ayame for Continuer | GGG Bronze
2021.9.10(金)発売

 

 

【ayame】その他のモデルはこちら

 

 

 

価格改定_JTOI_NS

The PARKSIDE ROOMで取扱い中の【JULIUS TART OPTICAL】【NATIVE SONS】より価格改定のお知らせです。原材料価格の上昇に伴い、2021年9月1日(水)より全ての商品が一律で1,100円(税込)値上げとなります。2021年8月31日(火)まではこれまで通りの価格となりますので、商品のご購入をお考えのお客様はぜひこの期間にご検討ください。

 

 

以前に掲載しております各ブランドのBlogや外部メディアでの情報では<旧価格>での記載となっております。何卒ご了承ください。ご不明点などございましたら取扱い店舗までお問い合わせください。宜しくお願いいたします。

 

*プロダクト詳細ページに掲載している価格は2021年9月1日(水)より新価格に訂正いたします。

 

 

2021.7.3(土)発売

 

img17

アパレルブランド【UNIVERSAL PRODUCTS.】とイラストレーター【Noritake】氏とのレーベル、「UNIVERSAL PRODUCTS. + N 」シリーズとオリジナルレーベルのコラボレーションアイウェア。2021年7月3日より21SS Ver.として新たにブラウン、カーキの2色を発売します。新色に加え、前回好評だったクリアを昨年に続き再生産。3色全てオプティカルとサングラスの展開となります。

 

 

 

IMG_9179

UNIVERSAL PRODUCTS. + Noritake × The PARKSIDE ROOM
Mod.tpr-006
Col.BROWN
Price.¥31,900(in tax)

 

 

 

IMG_9182

UNIVERSAL PRODUCTS. + Noritake × The PARKSIDE ROOM
Mod.tpr-006
Col.KHAKI SG
Price.¥31,900(in tax)

 

 

 

tpr_tpr006-UP-N-T-tpr_KHA_49.5-20.5-150_4

今作はより肌馴染み良く、淡い色合いが落ち着きを感じさせる2色。気負わず自然体で掛けられるカラーはオプティカルとしてもサングラスとしても重宝します。

 

 

 

tpr_tpr006-UP-N-T-tpr_KHA_49.5-20.5-150_4

テンプルにはNoritakeとUNIVERSAL PRODUCTS.のロゴを配置。

 

 

ディティールに目を向けると、ブローラインを裏側にかけて削り込むことで線をシャープに魅せる手法や、<The PARKSIDE ROOM>のサングラスでも時折用いられてきたカッティング技法を拡張し、「ブリッジ」「智元」と呼ばれるフロント両翼部分、そして「テンプルエンド」に施す事で、全体をスッキリとした印象に。

 

 

 

tpr_tpr006-UP-N-T-tpr-SG_CBR_49.5-20.5-150_4

サングラスレンズはどちらも落ち着きのあるモスグリーンをあわせて、重たくなりすぎず、素直に掛けられるサングラスに仕上がっています。

 

 

 

img16_1

オリジナルのメガネケースとメガネ拭きが付属します。

 

 

 

IMG_9185

オプティカル、サングラスとも自由にユニセックスで着用してもらうイメージで製作されています。程よい存在感がありながらもデイリーに愛用しやすいプロダクトになっていますので、お近くの取扱店でぜひお試しください。

 

 

 

UNIVERSAL PRODUCTS. + Noritake × The PARKSIDE ROOM │ 21SS NEW COLOR
2021.7.3(土)発売

 

 

 

Continuer / The PARKSIDE ROOM / ONLINE STORE
2021.7.2(金)発売

 

 

JTO_for_Continuer_AR-44_Black-Sasa_image_cBRANDについて

<JULIUS TART OPTICAL / ジュリアス タート オプティカル>はニューヨークで1950年代初頭に創業した、タート・オプティカル・エンタープライズ社の創設者ジュリアス・タート氏の意志を継ぐブランドとして、氏の甥、リチャード・タート氏らが新たに立ち上げたブランド。数多くの著名人も愛用し、ヴィンテージ眼鏡においても最も知名度や人気の高いモデルを中心に、リアルなフォルムを忠実に再現するコレクションとして発表されています。

 

 

 

Continuer Exclusive Color [Black Sasa]
別注色のベースとなったのはジュリアス タート オプティカルの大定番モデル「AR」。このモデルは、1950年代初頭に創業した<タート・オプティカル・エンタープライズ社>が当時製作した「ARNEL」というアイウェア史に残る名作ヴィンテージフレームを、2017年に[ジュリアス タート オプティカル]がリアルなフォルムを忠実に再現して発表したものになります。著名人の愛用リストとしても、ジェームス・ディーンやジョニー・デップといった著名人が挙げられ、世界的にも最も知名度が高いと言っても過言ではないモデル。そんな名作ヴィンテージフレームが現代的なクオリティを伴って復刻されたのが「AR」です。

 

 

 

JTO_for_Continuer_AR-44_Black-Sasa_image_i

 

JULIUS TART OPTICAL × Continuer
Mod.AR 44
Col.Black Sasa
¥42,900(in tax)

 

 

 

今回コンティニュエの別注色として登場し、7月2日(土)より発売となるのが【Black Sasa】と呼ばれるエクスクルーシブカラー。当時のタート・オプティカルでは発売されていなかったカラーの中でも、50年代のニューヨークでこんな色が存在していたら純粋に素敵だなというイメージをブランドのディレクターTommy氏と共に考察し、具現化したモデルです。当時のアメリカで生産していたされていた歴史あるデザインを尊重しながらも、現代的にアレンジされたこの「AR」は、新たな魅力が感じられるカラーとなりました。

 

 

 

JTO_for_Continuer_AR-44_Black-Sasa_image_hikaku

写真上は同モデルインラインカラーの「BLACK」との比較。上が「BLACK」下が「BLACK SASA」です。一見プロダクトとして「黒」の印象があるものの、「BLACK SASA」には少し肌馴染みの良いグレイッシュな印象がプラスされています。

 

 

 

JTO_for_Continuer_AR-44_Black-Sasa_image_h

Continuer店長 志岐着用(度付きレンズ装着)

 

実際に着用してみると肌色と馴染んでより「BLACK」の印象が強くなりますが、仄かなグレイッシュな雰囲気や、角度によって現れる柄が程よいアクセントとなっています。

 

また、通常42,44.46というサイズ展開がある「AR」ですが、今回は真ん中「44」のワンサイズでの提案。このARというモデルが持つアメリカンクラシックの王道をゆくデザインを、ぜひ男女共にジャストサイズのバランスで掛けていただければと思います。

 

ブランドが誇る大定番モデル「AR」のまた異なる新たな魅力をぜひお試しください。

 

 

 

JTO_for_Continuer_AR-44_Black-Sasa_image_b

 

JULIUS TART OPTICAL × Continuer|AR 44 – BLACK SASA
Continuer / The PARKSIDE ROOM / ONLINE STORE
2021.7.2(金)発売

 

 

JULIUS TART OPTICALプロダクトページは<こちら