鯖江視察_52

photo by Hirotsugu Hoshikawa

 

いよいよ4月28日発売となる(各店での予約受付は4月22日から)CONTINUER NIHOMBASHI発のオリジナルブランド【ARCH OPTICAL】の発売に先駆け、福井県・鯖江市にある製作工場にスタッフが見学に伺いました。眼鏡を販売する上でショップが大切にしている「作り手の思い」を存分に感じることができた良い旅でした。このブログではその様子をお伝えいたしますので、よろしければ最後までお付き合いください。

 

 

鯖江視察_3

photo by STAFF

 

この日は朝から天気もよく、行きの新幹線からは富士山が綺麗に見えました。鯖江駅には、東京から米原まで新幹線で、そこからは特急しらさぎに乗り換えて向かいます。片道およそ3時間半程の道のり。

 

鯖江視察_7

photo by STAFF

 

鯖江駅に到着すると駅前では「めがねのまちさばえ」というオブジェが出迎えてくれます。福井県・鯖江市を中心としたこの一帯は1905年以降眼鏡の産地として発展し、今では国内生産の殆どはこの地で行われています。

 

鯖江視察_1

photo by STAFF

鯖江視察_6

photo by STAFF

 

到着したらまずはご飯、ということで車で駅から5分程の越前そば屋さんに伺い昼食を取りました。今回の旅は日帰りで、タイトなスケジュールなのにも関わらず、店奥にあるテレビから流れる高校野球をBGMにのどかな時間が流れすっかりリラックスしてしまいました。

鯖江視察_44

photo by Hirotsugu Hoshikawa

 

時刻は一時過ぎ。工場に到着すると、担当の奥田さんがお出迎えくださり、早速中を案内してくださりました。整然と並べられた大小様々な機械に、普段見慣れない私たちは心が踊ります。職人さんの中には女性の方も多く、皆さん黙々と作業していらっしゃいます。

 

鯖江視察_10

鯖江視察_12

鯖江視察_50

 

ARCH OPTICALが製作される各工程の職人さんに順々にお話を伺いながら眼鏡製造の理解を深めます。眼鏡は一本仕上げるのにおよそ300以上の工程があるといわれていますが、その一つ一つが丁寧に進められて製品が出来上がります。

 

鯖江視察_37

鯖江視察_8

鯖江視察_17

鯖江視察_23

この道50年以上という磨き職人さん。「バフ」と呼ばれる研磨機の前で寡黙に作業を進めます。

鯖江視察_18

ARCH OPTICALのA/t-SQR。フレーム全体に磨きがかかるよう、細かく角度を変えてバフに当てていきます。

鯖江視察_20

鯖江視察_54

 

お話を伺う職人さんは皆さん物静かでこちらの質問に対してとても親身に、時には実際に作業を見せながら説明してくださるのですが、節々に深いこだわりがあることを感じました。眼鏡の製作に使う機械は人の手によって感覚的に設定・操作する部分が割合多いので、経験から培われていくところが大きいのだそう。

 

鯖江視察_26

図面を見ながら反りや曲げなど、一本一本丹念に調整を施します。

鯖江視察_27

鯖江視察_35

洗浄を終え戻ってきた眼鏡を一本一本くまなく検品します。この検品を終え、初めて工場を出荷されます。

鯖江視察_33

 

何人もの職人さんの手を渡り出来上がるハンドメイドの眼鏡。今回の工場見学で眼鏡一本が出来上がるまでの道のりの長さを再認識いたしました。ARCH OPTICALは「これからのスタンダード」となれるよう、掛けた人の個性が程よく主張し、新鮮な印象を与えられるような眼鏡を目指し開発を進めてきました。工場の皆さんのお力添えもあり、私たちの目指すプロダクトに仕上がったと思います。発売は4月28日、ご予約頂けるのは4月22日からです。Continuer Inc.各店で展開いたしますので、ぜひ店頭でお試しください。

 

鯖江視察_48

(左から) 弊社代表:嶋崎 / 担当の奥田さん / CONTINUER NIHOMBASHI店長:神島

 

 

ARCH OPTICALは2019年4月22日(月)より、Continuer Inc.各店でご覧いただけます。

ARCH_CATCH_1

 

2019年4月22日(月)予約スタート
2019年4月28日(日)発売

 

昨年12月に製作発表してから発売までお時間をいただいてしまいましたが、2019年4月、ようやく発売を迎える事ができましたCONTINUER NIHOMBASHI発のオリジナルブランド【ARCH OPTICAL|アーチ・オプティカル】。

 

 

ARCH_OPTICAL_image_1

ARCH_EMBLEM

 

 

ABOUT 〈ARCH OPTICAL〉

 

このオリジナルブランドは、コンティニュエ日本橋出店をキッカケとして「これからのスタンダード」となれるよう、自分たちが考えるオーセンティックなアイウェア作りを目指しています。このプロダクトは、物そのもので主張するよりも、実際に掛けた時、掛け手の個性を引き出し、程よく新鮮に感じてもらいたいという想いで製作しました。初回はヘキサンゴン型の「HEG」とスクエア型の「SQR」の2型。それぞれ4色展開に加え、ウィンザーリムVer.を製作しました。オールメタルとウィンザーリム、様々なパターンをお楽しみいただければと思います。

 

ARCH_3

Brand : ARCH OPTICAL Mod : A/t-HEG Col : SG Price : 34,000yen(+tax)

 

ARCH_2

Brand : ARCH OPTICAL Mod : Mod.A/t-SQRw Col : SSwHV Price : 36,000yen(+tax)

 

普段メガネを掛けていない方が、掛ける事で知的なニュアンスが引き出されたり、カルチャーコンシャスな方がスーツスタイルに合わせることでその方らしさを漂わせる事が出来たり。そんな事が実現できるアイウェアになれば良いなと思っています。またオフィスワーカーの方々にも身に付けていただけるクリーンで顔なじみがいいデザインなので大変お勧めです。

 

ARCH_1

Brand : ARCH OPTICAL Mod : A/t-HEGw Col : GwDM Price : 36,000yen(+tax)

 

コンティニュエ日本橋発となりますが、全ラインナップContinuer Inc.各店<Continuer(恵比寿)CONTINUER NIHOMBASHI(日本橋)The PARKSIDE ROOM(吉祥寺)>にて発売いたします。年内にはアセテートフレーム3型を追加予定です。

オーセンティックな雰囲気を基調としながらも、どこか新鮮さを感じさせるアイウェアに仕上がっていと思いますので、ぜひお近くの店舗にてお試しください。

※ブランドページには後日全てのプロダクトアップいたしますので、アップされましたらそちらでもじっくりとご覧ください。

 

190329_continuer3635

EV13TH_Image

Mod.158 Col.900 / 901 / 801 / 800 Price. 38000yen(+tax) [CLIP] Col.900-MD.GRY / 901-SM.GRN PL / 801-SO.BR PL / 800-SM.PNK PL Price. 20,000yen(+tax)

 

 

ゴールデンウィークから盛夏にかけて、Continuer.incでは数々のイベントを開催します。The PARKSIDE ROOM(吉祥寺)と昨年末にオープンとなったCONTINUER NIHOMBASHI(日本橋)の2店舗では、ゴールデンウィークのスタートと共に【EYEVAN7285 13th Collection Release FAIR】がスタート。その内容は、2019ss最新モデルのお披露目です。毎シーズン、力の込められた作品が数多くリリースされる同ブランドですが、今回は特にデザインチームのやりたいことを真っ直ぐに表現したコレクションだと感じました。デザインチームが日常生活の中で感じた曲線美や造形美を、眼鏡というプロダクトに反映させた興味深い内容です。

 

 

scrap_book

デザインチームが用いたデザインソースのスクラップブック。ユニークに落とし込まれたEYEVAN 7285のディティールは他ジャンルからのインスピレーションが源になっていることが多いそうです。実際お手にとっていただき、細かなディティールに関してスタッフにお声がけください。

 

 

また、「丸」よりも「四角」を想起させるデザインなど、ファッション的な観点から見た印象からもデザインチームの今の気分が感じられます。それらのアイテムの中でもサングラスは特に充実のラインナップです。同ブランドの考えに「レンズからデザインしたい」というひとつの考えがありますが、今シーズンもフラット偏光ガラスレンズを採用したモデルなど同ブランドならではこだわりが詰まったラインナップでお届けしていきます。

 

 

EV13th_Image2

Mod.564 Col.1001 / 3153 / 3325 / 3351 Price. 44,000yen(+tax)

 

 

190329_continuer1707

Mod.770 Col.3092 Price.44,000yen(+tax) 人気のモデル「770」からは新色も登場しました。

 

 

これ以外にも数多くの新作が両店舗に並びます。今回のコレクションも楽しんでいただけること間違いなしです。ブランドのファンの方はもちろん、「何か良いメガネ・サングラスが欲しい」と漠然と考えている方などはぜひお近くの店舗に足をお運びください。

 

 

EV7285_optionG-V

EYEVAN 7285 13th Collection
Release Fair
2019.04.27 – 05.12

THE-PARKSIDEROOM_001

いつもご利用いただきありがとうございます。

The PARKSIDE ROOMでは、普段水曜日は定休日をいただいておりますが、ゴールデンウィーク期間中は5/5(水)を含め、休まず営業いたします。

皆様のご来店を心よりお待ちしております。

 

 

以下、Continuer inc.各店のゴールデンウィーク中の営業日程とイベントの予定となります。

 

 

Continuer
OLIVER PEOPLES THE ROW
Summer Exhibition 2019
4.27 – 5.14 , 2019

〒150-0022
渋谷区恵比寿南2-9-2 カルム恵比寿1F
TEL&FAX 03-3792-8978
OPEN 12:00 – 21:00

※ゴールデンウィーク期間中の5/5(水)は休まず通常営業となります
※5月8日(水)〜は毎週水曜日を定休日とさせていただきます。

 

 

CONTINUER NIHOMBASHI
EYEVAN 7285 13th Collection
Release Fair
4.27 – 5.12 , 2019

〒103-6105
東京都中央区日本橋2-5-1日本橋髙島屋S.C. 新館5F
TEL&FAX 03-6281-9077
OPEN 10:30-20:00
CLOSE 日本橋髙島屋S.C.の営業日に準じる

※ゴールデンウィーク期間中も休まず通常営業しております

 

 

The PARKSIDE ROOM
EYEVAN 7285 13th Collection
Release Fair
4.27 – 5.12 , 2019

〒180-0033
東京都武蔵野市吉祥寺南町1-17-1
バイオスフィア2F
TEL&FAX 0422-41-8978
OPEN 12:00 – 21:00
CLOSE Wednesday

※ゴールデンウィーク期間中の5/5(水)は休まず通常営業となります
※5月8日(水)〜は毎週水曜日を定休日とさせていただきます。

 

 

Continuer Extra Space
〒150-0022
渋谷区恵比寿南2-9-2 カルム恵比寿1F
TEL&FAX 03-3792-8979
OPEN 12:00 – 21:00
CLOSE irregular holidays

※ゴールデンウィーク期間中、4/27 – 5/6(月)は休まず通常営業となります
※5月7日(火)からはウィークエンド営業に戻ります。何卒ご了承くださいませ

 

皆様のご来店をスタッフ一同心よりお待ちいたしております。

ayameのアイテムが店頭に再入荷となりました。

 

ayame-bz

 

Brand : ayame

Model : MANRAY

Color : BZ

Price : 40,000yen (without Tax)

 

【col.BZ】はContinuer Inc.のExclusiveです。
こちらのカラーはブロンズをベースにヘアライン加工を施すことで、光沢を抑えた上品な色に仕上がっております。

 

 

 

ayame_logo

 

 

 

【ayame i wear design/アヤメ アイウェアデザイン】はデザイナーの今泉 悠氏が2009年に立ち上げたドメスティックブランド。出身地である茨城県潮来市の象徴の花であるアヤメ(菖蒲)に目を彩る=彩目(あやめ)の想いを重ねブランドネームとし、アヤメの色である神秘や高貴の象徴である紫色に深みを持たせ、シンボルカラーとしている。クラシックなデザインをベースに、ジャパンメイドのクォリティーや伝統と、時代感を反映させたファッション性をMIXさせた注目のアイウェアブランド。アイウェアシーンに留まらずファッションシーンにおいても信頼を得ながら、独自のポジションで活動を続ける。

 

 

 

【arame】その他のモデルはこちら