今年の8月に姉妹店の【Continuer Extra Space / コンティニュエ エクストラ・スペース】で販売を開始し,早くも時計好きの方たちの間で話題になっている時計ブランド【DAN HENRY / ダン・ヘンリー】。いよいよtprでの取扱もスタートしました。(こちらでも全商品をご紹介しています)。

 

 

DH_image_1-2

 

 

【DAN HENRY】は約40年間衰えることのない情熱を抱えながら、数え切れないほどのオークションやフリーマーケットで1500以上の時計を集めてきたダン・ヘンリー氏が、その経験や知識を最大限に活かして自ら立ち上げたブランド。

 

 

氏曰く、「新しい時計を買うことが難しかったので、私はハンターになり、膨大な古い時計のコレクションを持つに至った。しかし私が持っていない時計を見つけるのは、もはや非常に難しいし、あっても非常に高価な金額となっている。であれば、私は愛する物を作ろうと考えた。 10歳から時計(ウォッチとクロック)を集めるようになったダン・ヘンリー氏が、やがて修理も手がけるようになり、その流れで時計を作ろうと思ったのは自然な流れだったのではないでしょうか。

 

 

1963_2

 

 

【DAN HENRY】のプロダクトを見て、元コレクターが作る腕時計と聞くと、「手巻き」や「自動巻き」といった機械式のムーブメントを使ったものを連想しがちですが、同ブランドではあえてトラブルも少なく、普段使いにより適した「クオーツ式ムーブメント」を基本的に採用(一部機械式もあり)。「私は魅力的で、毎日使える”ヴィンテージウォッチ”を作りたかったのだ」と氏が述べているように、ヴィンテージのそれが持つディティールにこだわりつつ、ムーブメントも日本製のものを採用し高い品質と完成度を確保しながら、組み立ては中国の技術力の高い工場で行うことで手に入れやすい価格を実現しています。

 

 

 

Detail-1963-black-2

 

 

各モデル名は年号になっており、デザインはその時代を特徴付ける意匠、その歴史的背景や当時のプロダクトへのオマージュにもなっています。またヴィンテージウォッチの魅力がありながら、クオーツ式時計ならではの手軽さも併せ持つことから、エントリーユーザーから愛好家の方まで、それぞれの立場で楽しめます。

 

 

それではそのラインナップをご紹介します。

 

 

1939

【Brand】:DAN HENRY / ダン・ヘンリー
【Model】:1939
【Price】:¥28,000(+tax)
【Color】:Black / Silver

 

 

スイスの名だたる時計ブランドが技術を競って様々なクロノグラフを生産していた1930年代のミリタリークロノグラフをモチーフとしたモデル。大砲の発射音と着弾音から敵の位置を探るのに用いられていたテレメーターを搭載するなど、機能が充実しています。裏蓋に空気圧や圧力、スピードや温度などの換算表が記されている。当時距離やスピード、心拍数さえも測っていた、本当に仕事をするために生まれたクロノグラフの機能美に魅せられた製作者の想いが伝わってきます。

 

 

 

1947

【Brand】:DAN HENRY / ダン・ヘンリー
【Model】:1947
【Price】:¥24,000(+tax)
【Color】:Gold / Silver

 

大戦が終結し、戦時中からの反動でファッションとしてもエレガントなスタイルが流行した時代の、上品ながら日常的なスタイリングにも馴染む時計、というイメージで作られたモデル。ダン・ヘンリー氏曰く、「私にとって、これは典型的な紳士用の腕時計である。私はこんなカジュアルなスタイリングにもマッチするスマートな時計を待ちわびていた。」フラットなベゼル、上品なクロスヘアダイアルやインデックスといった要素がバランス良く組み合わさったスマートなモデルに仕上がっています。

 

 

 

1963

【Brand】:DAN HENRY / ダン・ヘンリー
【Model】:1963
【Price】:¥29,000(+tax)
【Color】:Silver / Black

 

初回コレクションの中でも高い人気を誇るモデル。 1960年代に入ると、フライトが趣味としても行われるほど一般的なものになり、腕時計には「必要な情報がすぐわかる」ことが求められるようになりました。そんな当時流通した多くのパイロットウォッチの雰囲気を色濃く反映させたモデルが「1963」。ミヨタの日本製クロノグラフムーブメントを搭載し、サブダイヤルを用いることで1/10秒まで計測することが可能な本格的なパイロットウォッチになっています。裏蓋にはロッキード社のブラックバードを彷彿とさせるエンブレムがあしらわれているのも、時計が好きなデザイナーの遊び心が感じられる仕様になっています。

 

 

 

1968

【Brand】:DAN HENRY / ダン・ヘンリー
【Model】:1968
【Price】:¥25,000(+tax)
【Color】:White / Black

 

アシンメトリーなデザインが目を引くモデル。 1960年代後半は腕時計の技術的進化も一旦小休止、代わりにデザインの幅が拡がり、変わったデザインのモデルが多く見られた時代。そのため時代を象徴するようなデザイン、というのを特定するのはなかなか困難です。このモデルは当時の雰囲気を感じられながらも他にはない、新しいデザインになっています。変わったデザインのスモールセコンドが右横に配置され左右非対称のデザインがユニークで、オリジナリティのあるモデル。

 

 

 

1970

【Brand】:DAN HENRY / ダン・ヘンリー
【Model】:1970 (44mm / 40mmが展開)
【Price】:¥31,000(+tax)
【Color】: Orange / Grey

 

現ラインアップでは唯一の「自動巻」モデル。 1960年代、ダイビングやサーフィンなどのマリンスポーツがブームとなり、それに伴い各社が様々なダイバーズウォッチを開発・発表したダイバーズウォッチブームがありました。そのときにダイバーズウォッチの基礎となった要素であるブラックダイヤルと蓄光インデックス、回転ベゼル、ラバーストラップといったディティールを持ち、「水中で使われることを目的として作られた」デザインを再現しているのがこの「1970」。20気圧防水を誇る、ブランドのラインアップで現時点では唯一の自動巻きの機構をもつこのモデルはその機能性やストイックな雰囲気を漂わせる佇まいが魅力です。

 

 

また今回tprでの取扱いスタートと時を同じくして、同ブランドのラインナップの中で唯一の自動巻きモデル、「1970」のサイズ違いが新たに入荷しました。これまで直径44mmと現代的な大きめのサイズ感だったものを40mmにリサイズ。これに伴い文字盤やケース、ストラップのデザインも微調整され、ヴィンテージ感がより表現された仕上がりになっています。

1970_44_40mm

 

 

どのモデルもクオリティ、コストパフォーマンスに優れた、”ヴィンテージウォッチ”の魅力を持ったデイリーウォッチです。すでに一部の時計好きの方々からはとても評価の高いブランドになっておりますが、今後はファッションシーンにおいても響くプロダクトになっていくかと思います。日本国内で実物をお試しいただけるのは【Continuer Extra Space】と【tpr】のみ。是非店頭でお試しください。

 

 

IMG_3416

 

【TURN the TABLE / ターン・ザ・テーブル】とは、吉祥寺在住の焚火工藝集団、鈴木善雄氏と吉祥寺PARCOとで企画されたポップアップスペース。「形勢、立場を逆転させること。」をコンセプトに、吉祥寺PARCO1Fの公園通り沿いの場所(元々は駐車場のターンテーブルがあった)にポップアップスペースを設置し、商業施設と出店者の両者にとって新たな取り組みをしていくことで、既存の価値観を逆転させることを狙いとしています。

 

写真は古道具や古家具中心に取り扱うショップ「CASICA」さんが現在出店されている模様です。吉祥寺近辺にお住まいの方はご覧になった方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

IMG_3417

 

こちらのスペースに8月3日(木)から、【The PARKSIDE ROOM】が出店いたします。期間は8日まで。

 

仕掛け人・鈴木 善雄氏

DSC02379

鈴木 善雄

TAKIBI BAKERY/ 焚火工藝集団 代表
 

東京生まれ。内装設計から店舗などのクリエイティブディレクション、イベント企画などを行う。架空のパン屋「TAKIBI BAKERY」から始まり、過去の文献から紐解いた家具を再構築する「焚火工藝集団」を新たに立ち上げる。ジャンルにとらわれず、独自の世界観を表現している。

 

また4日の18:00 〜 21:00には《角打ちPARCO》と題し、出店者のオーナ ーやデザイナーなどが店頭に立ちお酒を片手に、そのブランドのファンや、ふらりと立ち寄ったお客様とフラットなコミュニケーションを取れる場を設けます。吉祥寺というエリアらしくもあり、既存の価値観にはない新たな提案でもある【TURN the TABLE】。ご注目ください。

 

 

 

《TURN the TABLE × The PARKSIDE ROOM》

期間:8月3日(木)〜8日(火)
営業時間:11:00 〜 19:00
住所:吉祥寺PARCO 1F 公園通り沿い
(武蔵野市吉祥寺本町1丁目5−1)

 

 

 

ay_weblimitedimage_1

2010 年のデビュー以降、アイウェアシーンにとどまらず、ファッションシーンでも高い評価を得ながらブラ ンドの地位を確立した【ayame / アヤメ】。 7月15日(土)よりtprでは、《 2017 ayame Summer Exhibition 》と題し、春夏の新作からこれまで発売された人気モデルまでを豊富にとり揃えるイベントを開催します。またこのイベントに合わせて、同ブランドの誇る普遍的な魅力を持った2モデルをベースに別注カラーの製作を依頼。こちらも7月15日より発売になります。

 

 

ay_sippou_slcg

Brand : ayame
Model : SIPPOU for tpr
Col:SLCG
Price : ¥40,000(税抜)

 

ay_sippou_slcg_detail

1本目はayameの中でも象徴的なディティールのひとつ、ノーズパッドとブリッジが一体化した独自パーツを採用したフレームに、七宝処理を施した人気モデル「SIPPOU」。ベースはシルバーのフレームに、クリアグレーの七宝を組み合わせ、テンプルのプラパーツはクリアのものを採用。

 

 

ay_general_gyhs

Brand : ayame
Model : GENERAL for tpr
Col:GYHS
Price : ¥35,000(税抜)

 

ay_general_gyhs_detail

もう1本はボストンタイプのコンビネーションモデルで同ブランドのロングセラーモデル「GENERAL」。今回の別注では、インラインの仕様とは異なる、チタン製のノーズパッドを採用。グレーのササ柄とクリアのフロートカラーと組み合わせることでスッキリした、シャープな印象に。やや大きめで、ダテメガネとしてもお勧めのサイズ感です。

 

 

 

その他にも様々なこれまでのモデルも取り揃え、過去最大級のバリエーションをご覧いただける機会になりますので、ぜひご来店ください。

 

AY_Summer Exhibition_image

 

更に今回のイベントに合わせ、tprのオンラインストアにて、「Online store限定販売モデル」も登場します。こちらは上で紹介した別注カラー2モデルに、普段は取り扱いのない特別なカラーレンズを組み合わせた仕様のサングラス。

 

AY_for_tpr_image_EC_Limited

シンプルなメタルフレーム「SIPPOU」のエクスクルーシブカラーには、「グレー×カーキ」の”ダブルグラデーションレンズ”を採用し、クラシカルなコンビネーションフレーム「GENERAL」には”シルバー系ソフトミラーレンズ”を装着。それぞれのモデルがよりクールでモダン、そしてリミテッドらしい表情にアップデートされました。こちらもぜひご注目ください。

 

オンラインストアはこちら

【ayame】その他のアイテムはこちら

 

 

mitani_san_7

 

 

とても素敵なプロダクトがtprに届きました。木を素材とした器で著名な作家、三谷龍二さんが監修された革製の眼鏡ケースです。

 

 

mitani_san_1

 

 

大正通りにあるgallery féve(ギャラリー・フェブ)のオーナーで、優れた審美眼をお持ちの引田かおりさんにご紹介いただいた三谷龍二さんは、暮らしを大事に考えた丁寧なものづくりの姿勢から、多くのフアンの方に支持されている方です。現在は松本にアトリエを構え、「10cm」という名前でショップも運営されています。

 

 

mitani_san_4

 

 

今回tprに入荷した眼鏡ケースはラム革で製作されています。とてもやわらかくなめしてあり、年月とともに使用される方の生活に合わせてなじんでくれる心地よい質感。またケースの内側にも、大切なアイウェアを傷つけることがないように起毛感のある生地を貼り合わせてあります。

 

 

mitani_san_0

 

 

mitani_san_3

 

 

ケースに合わせて、化粧函もブラックで統一。こっそりと三谷さんのお店「10センチ」のロゴマークが入ってるのがポイント。

 

 

mitani_san_11

 

 

高級感がありながらライフスタイルに取り入れやすいアイテムとして、tprでぜひオススメしたい三谷龍二さんの眼鏡ケース。お気に入りのアイウェアを、お気に入りのケースにしまっていただく贅沢を、ぜひ味わってみてください。

 

 

※当店は恵比寿にも姉妹店でContinuerというショップがございますが、こちらの商品は吉祥寺The PARKSIDE ROOMのみでの取り扱いとなります。

 

 

三谷龍二 眼鏡ケース

Price:¥5,400(税抜き)

 

 

 

tpr_005_newsg_image2

 

【The PARKSIDE ROOM】のコンセプトでもある、「ニュートラル」「アクティブ」「モード」といったコンセプトを軸に展開するショップ同名義ブランドから、この春発売された「tpr-005」。智元の少し下がったスクエア型はドイツのプロダクトから着想を得たデザインで、ありそうであまりないカラー展開も相まってご好評いただいています。これまでサングラスはべっ甲柄(02)のみの展開でしたが、このたび残りの4色もサングラス仕様をリリース。

 

 

ベーシックなグレーレンズからフレッシュなミラーレンズまでをフレームのカラーに合わせてチョイス。それぞれのカラーに個性はありますがラインアップ全体を通して見るとショップのコンセプトを示すようなバリエーション。

 

 

tpr_005_01_sg_1

Brand : The PARKSIDE ROOM

Model : tpr-005 SG
Color : 01
Price : ¥33,000 (税抜き)

 

 

tpr_005_03_sg_1

Brand : The PARKSIDE ROOM

Model : tpr-005 SG
Color : 03
Price : ¥33,000 (税抜き)

 

 

tpr_005_04_sg_1

Brand : The PARKSIDE ROOM

Model : tpr-005 SG
Color : 04
Price : ¥33,000 (税抜き)

 

 

tpr_005_05_1

Brand : The PARKSIDE ROOM

Model : tpr-005 SG
Color : 05
Price : ¥33,000 (税抜き)

 

tpr_005_detail

 

tpr_005_03_sg

 

詳細は【こちら】にてご紹介していますので、ぜひご覧ください。※こちらのモデルは恵比寿の姉妹店【Continuer】でもお取り扱いがございます。在庫状況などはお問い合わせください。